ボーイスカウト


ボーイスカウトは、100年以上前にイギリスのベーデン=パウエル卿によって考えられた世界で最大の青少年のための教育運動です


生活体験(野外活動)から「自分に潜む優しさの大切さを幼児に気づかせ、人類の平和と福祉に役立つ心を養う」ことを目的にしている団体です。


子供たちが、プログラムをこなしていくことによって、健康な体、社会と人生に役立つ技能ばかりではなく、自発性、誠実さ、勇敢な心、自信、国際感覚、人への優しさといった精神性までも教育対象にして、身につける練習をする場所です。


世界169ヶ国、約4000万人が属している、世界最大の青少年教育団体です。教育方法も様々な分野から研究されたものになっており、指導者への訓練もしっかり組織化されています。